ファース工法

FAS

「ファースの家」6大性能
換気機能

きれいな空気をつくる「しっかりとした換気機能」

ファースの家には、通常運転モードと排気運転モードの2種類の換気方式があります。
通常運転運転モードでは天井裏の熱交換式換気扇から取り入れた外気を床下に送り込み、壁内通気層を上昇しながら家全体を循環し、室内空気をキレイにします。
加えて、床下の「ファースシリカ」がホルムアルデヒドなどの有機系ガスや臭気も吸着し、キレイな空気を保ちます。

調湿機能

健康と家の構造体を守る「耐久性・調湿機能」

「AIキット」の通常運転モードによる空気循環と「ファースシリカ」の効果により、高湿度や過乾燥状態を防ぎ、家中の空気を病原菌が発生しにくい状態に保ちます。
さらに木材の腐食を防ぐ環境となるため、構造体の耐久性向上にも効果があります。

高気密・高断熱

冬は暖かく、夏は涼しく過ごすための「高気密・高断熱」

一般に高気密・高断熱住宅と言われても、壁の中の断熱材が経年劣化したり、外壁と接する柱から熱が逃げたりして、完全な断熱とはいえませんでした。ファースの家は断熱材にエアクララを採用し、現場発泡スプレー方式で気密と断熱を同時に実現。また、コープレートとファースボードKにより、木材からの熱損失を軽減します。

地震対策

地震対策

「ファースの家」は、木造軸組工法で、がっしり組みあげることにより、一般住宅と同等以上の強度を発揮します。さらに丈夫な基礎と土台の間の「エアクララ」が、屋根、外壁、基礎と連結して柔らかく結合し、地震の揺れに柔軟に対応します。

省エネ・エコ機能

エコ電化をはじめとする環境にもお財布にも優しい「省エネ・エコ機能」

ファースの家は、エネルギー効率が良い、燃焼ガスが発生しないなどの理由でエコ電化仕様を採用しています。
高気密・高断熱とエコ電化仕様により、省エネでムラの少ない暖かさが行き届きます。

ランニングコスト

冷暖房のランニングコスト

ファースの家は、高気密・高断熱と高性能サッシの採用により、屋外の暑さや寒さの影響を受けにくくし、また、室内の冷暖房の熱を逃がしにくい構造とエコ電化の採用でランニングコストの削減にもつながります。